Now Loading...

Now Loading...

ホーム > 婚礼写真 > 婚礼写真の撮り方 ~はじめに~ > 婚礼写真の撮り方 ~第3章~ お支度・リハーサル

婚礼写真の撮り方 ~第3章~ お支度・リハーサル

お支度

レンズ
  • Camera1:広角ズーム
  • Camera2:標準ズーム・50~85mmの単焦点・100mmマクロ
  • 露出設定
  • SS1/125
  • F2.5~4
  • ISO800~3200
  • お支度シーンは会場によって撮影不可の場合がありますので、事前に新郎新婦様かプランナーさんに確認します。

    お支度後の次の流れはだいたい親族集合写真か挙式リハーサルの2つです。
    撮影可能の時間は概ね挙式30分前~1時間前です。

    定番のリップを塗るシーン、鏡越し、広角で下から煽り、アクセサリ、お二人が話してるシーン等を撮影します。

    リハーサル

    レンズ
  • Camera1:広角ズーム
  • Camera2:標準ズーム
  • 露出設定
  • SS1/125
  • F2.8~5.6
  • ISO800~3200
  • リハーサルも会場によって撮影不可の場合があるので事前に確認します。

    だいたいリハーサル中にリングピローが会場にあるので、イメージカットを撮ります。

    挙式中はアイル(バージンロード)へ入ったり横切ったり出来ませんが、会場によってリハーサルでも禁止なので注意します。

    可能であれば指輪交換のアップを撮ります。
    会場によってリハーサルではグローブを着けたまま指輪交換をするふりだけだったり、しない場合もあります。
    挙式本番で指輪交換のアップは撮り難いのでリハーサルで抑えておきたいところです。

    リングボーイ・ガール、フラワーボーイ・ガールの演出がある場合はリハーサルで新郎新婦様とお子様とのお写真も可能であれば撮りましょう。
    リングドッグというお二人の愛犬が結婚指輪を運んでくる場合もあります。

    リハーサルに新郎新婦様のご両親が同席された場合はご両親の表情も撮影します。
    ご両親の後部からご両親が新郎新婦様を見てるシーンも良いです。

    チャペル式、人前式の場合は証人としてご友人等を立てられる場合があります。
    その時はご証人様との写真も出来れば撮影しましょう。

    神前式や仏前式はリハーサルはあまりありません。
    リハーサルをする場合も本殿ではなく別室で行われるが多いです。
    日本の神前式および仏前式の進行はキリスト教式の進行を手本につくられていますから指輪交換があります。
    リハーサルで指輪交換がある場合はキリスト教式の場合と同じように本番で撮り難い指輪交換のアップはリハーサルで撮ります。

    記録として広角で結婚式場全体のカットも撮影しましょう。

    ※後日加筆及びサンプル写真を掲載します。