Now Loading...

Now Loading...

ホーム > 婚礼写真 > 婚礼写真業者の選び方

婚礼写真業者の選び方

結婚式場を決めたお二人。
決めないといけない事は、まだまだこれからです。
その中の一つに写真があります。
“一生に一度の大切なイベントだから、一生の宝物になる写真を残したい”と考える方が殆どだと思います。

選択肢

幾つか選択肢がありますが、おおむね次のどれかに該当するでしょう。

1 式場提携の写真屋
ほぼ全ての婚礼会場に提携の写真屋があり、8~9割の方は式場提携の写真屋に依頼しています。

メリット

ブライダルフォトには主に前撮り・結婚式当日スナップ・型物・親族集合写真とアルバム製作があり、式場提携であればその全てのサービスをまとめて依頼出来ますから別の業者へ依頼する手間が省けます。
式場提携の写真屋であれば、会場に慣れてるフォトグラファーが担当になる可能性が高いです。

デメリット

会場へのマージンが50%前後発生しますから、一般的に外部業者より価格が割高。
フォトグラファーを指名できない場合ある。
“会場に慣れている=上手”とは限らない。

2 外部のブライダルフォト業者(持ち込み)
fascinoは、外部業者になります。
この分野の業者は様々で、ブライダルフォト専門で全国展開してる会社から、写真全般でブライダルフォトも一環してやってる会社等あります。
婚礼雑誌やインターネットで調べると沢山のブライダルフォト業者が見つかります。
式場提携以外のフォトグラファーへ依頼した場合、婚礼会場への持ち込み料金が発生する会場が多いです。
持ち込み料は平均3万円程度で高い所は10万円くらいの会場もあります。
持ち込み料一部負担という形で値引きをする外部業者もあります。
どの業者も基本的には持ち込み料をプラスしても会場提携の写真屋より安くなるような価格設定にしてます。

メリット

比較的安価。
沢山の業者からフォトグラファーやアルバムが選択出来る。
会場提携業者に無い様々なサービスが受けられる。

デメリット

持ち込み料が発生する。
婚礼会場と所在地が別なので手続きに手間がかかる。
会場でのスタジオ写真はほぼ確実に撮れない。
挙式撮影禁止などの撮影制限が課せられる場合がある。

3 家族・友人・知人等
周りの写真上手な人に頼むというパターンも時々みられます。

メリット

安価である。
知り合いなので自然な表情を撮って貰いやすい。

デメリット

写真上手=婚礼写真上手とは成らないので、慣れてない人に頼む場合は期待できない。
外部業者と同様に持ち込み扱いになり、持ち込み料が発生する場合がある。
全サービスは受けられない。

4 写真は頼まない(ビデオのみ)
携帯電話が普及した今“国民全員写真家”の時代ですから、誰かが撮ってくれるだろうとビデオしか頼まない人も居られます。
特に申し上げる事はございません。
5 番外編
インターネットや紙媒体等で募集するという方法があります。
これは努力が結果になる一番いい方法かもしれません。
私も、インターネット上のプロフィールで検索されてきた方の依頼を何度も受けた事があります。

メリット

安価である。

デメリット

良いフォトグラファーを見つけるにはかなりの努力が必要。
全く知らない相手なら、当日ちゃんと来てくれるかどうかも不安。


選び方

普通は“プロに任せておけば安心”と誰もが思います。
ですが、いつも聞こえて来るのは「結婚式の写真をプロに頼んだけど全然良く無かった」という声が大半です。
式場提携の写真屋に勤めるフォトグラファーも何人か知り合いが居ますが「うちは現場経験の無い新人にもメインで撮らせてるよ」という話を聞きました。
一眼レフもデジタルになり撮りやすくなったとは言え、婚礼撮影の経験が無い新人にメインで撮らせるなんてとんでもない話です。
全体がそうであるとは言いませんが、婚礼写真の業界はそういう傾向が少なからずともあります。
完全にお任せで満足な写真を手に出来るのは、かなり低確率だと思って良いくらいです。
美容関係の広告用写真でいつも依頼をくれるお客様が結婚式の際に「会場提携の写真屋に撮ってもらったら400枚の内で1枚も良い写真が無かった」と大変悲しんでおられました。
挙式披露宴の写真は撮り直しが出来ません。
写真にこだわりたい方は、この項を参考にしてみてください。

価格選び

金に糸目はつけん!という方は、婚礼写真撮影100万円の会社がありますので、是非見つけて依頼してください。
私から見てもとても上手ですし、きっと満足できる写真になると思います。
そうでない方の為に話を続けます。
価格の幅は、当日のスナップ撮影のみで上に書いた“選択肢”にあるように知人0円から、だいたい会場提携で5万~15万円、外部業者で3.5万円~30万円くらいだと思います。
これに前撮り、型物、アルバム等の料金がプラスされます。
結婚式当日のスナップ写真・型物(ポーズ+集合)とアルバムを合わせて平均すると式場提携業者で30万円前後くらいでしょうか。
外部業者だと上から型物写真を除いて安いところで10万円弱~平均15万円前後ぐらいだと思います。

フォトグラファー選び

前項の選択肢から選ぶ事になりますが、複合も可能です。
式場提携業者の挙式・披露宴の撮影プランに写真2ポーズセットというのがよくあります。
2ポーズとは、親族集合写真とお二人の写真を1枚ずつという意味で、普通は挙式で着た衣装を1つ入れる事が多いと思います。

例えば、お色直し2回であれば、その2着のスタジオ写真だけを会場に頼んで、スナップ写真は外部業者に依頼する複合が出来ます。
外部のフォトグラファーにスタジオを貸す会場は99%くらいありえないので、スタジオでのお二人ポーズ写真は会場に頼むしかありません。
スタジオ以外で外部からの持ち込みフォトグラファーが手早くスナップで撮る事は出来ます。
(時間がかかると進行の妨げになって会場スタッフからの風当たりが冷たくなります・・・)
親族集合写真は会場によって外部フォトグラファーにも撮らせてくれる場合もありますので担当のプランナーに確認してください。

担当フォトグラファーは指名する事を強くお奨めします。

式場提携業者と外部ブライダルフォト業者のどちらでも同じですが、宣伝用のサンプル写真は参考になりません
その会社のトップフォトグラファーが良い光の日に写真写りが良い新郎新婦様(プロのモデル起用の場合もある)を撮ったサンプルが参考になる訳がありません。
提携会場であれば、フォトグラファー毎に何組ものサンプル写真があるはずです。
数枚だけでなく、1日通しての全部の写真を見比べましょう。
見せてくれないような所は期待薄です。
外部業者であれば、出来るだけ自分達と同じ会場でのサンプルを見せて貰いましょう。
無ければ他の会場のサンプルでも構いません。
選択肢の項では、式場提携業者のメリットとして撮り慣れてると書きましたが、私の経験上初めての会場でも写真全体のレベルはあまり変わりません。
会場はどこも似たようなものです。
私達外部フォトグラファーは、様々な会場で経験を積んできてますから、臨機応変に対応できると断言できます。
撮り慣れた会場の方が勝手がわかってやりやすいのですが、初めての会場の構造や光の条件がとてもよく、最も綺麗な写真が撮れたという事もあります。
納得のいく写真を撮ってくれるフォトグラファーが見つかったら、アルバムのサンプルも見せてもらいましょう。
会社によってアルバムの価格も出来も様々です。
価格、フォトグラファー、写真、アルバム全部納得出来るのは難しいと思いますが、こだわる方は頑張ってください。
可能なら、担当になるフォトグラファーと一度でも会って話をしてたら当日も安心です。

予算が許すなら2人フォトグラファー体制をお奨めします。
フォトグラファー1人と2人では全く違います。


もし、fascinoの写真を気に入ってお申込み戴けるのでしたら、エンゲージメントフォトセットプランをお奨めします。

fascinoでは、基本的にフォトグラファーは私一人ですが、ご希望であれば信頼出来るフォトグラファーを手配しますのでご相談ください。(追加料金58,000円)