Now Loading...

Now Loading...

ホーム > ブログ > カテゴリー : 日記

エントリー

神前式

220.jpg

熊本の某ホテルの神殿にある神前式結婚式次第です。

修祓之儀(しゅばつのぎ)
神武天皇が作ったとされる禊祓(みそぎはらい)・天津祝詞(あまつのりと)を奉上し、結婚式を執り行うにあたっておはらいをします。
祝詞奏上(のりとそうじょう)
祝詞を奏上します。
熨斗之義(のしのぎ)
喜びの熨斗をいただきます。この熨斗之義はどこでも式次第に入ってるわけではありません。
三献之儀(さんこんのぎ)
三三九度、夫婦固めの杯とも言います。
誓詞奉読(せいしほうどく)
新郎新婦が誓いの詞を奉読します。
指輪交換
キリスト教式と同じ指輪交換です。
玉串奉奠(たまぐしほうてん)
子孫繁栄を祈り玉串を奉奠します。
親族杯之儀(しんぞくはいのぎ)
親族固めの盃とも言います。

熨斗之儀を除いて、何所の神前式もだいたいこの流れです。
神社によって巫女の祝舞などが式次第に入ったりします。
時間は平均20分前後。
祝舞が入ると長くなります。
撮影できるのはだいたい三三九度からです。
修祓~祝詞は撮影禁止の場合が殆どです。

神前式の式次第に不思議なものがあります。
"指輪交換之儀"です。

婚礼の撮影を始めた頃、この指輪交換之儀が神前式に組込まれてることがとても不思議でした。
結婚指輪は欧米の文化です。
かつての日本に、まして神道に結婚指輪の習慣はありません。
ですがほぼ全ての神前式で指輪交換之儀が組込まれています。

現代のような神前式が始まったのは明治時代の大正天皇の結婚式が最初で、式次第はキリスト教式を手本に作られました。
キリスト教式の式次第を手本に作ったから指輪交換があるんですね。

明治時代より前の平安~江戸時代の結婚に神前式は殆どありませんでした。(神社で執り行う結婚式は極少数ありました)
明治時代を舞台とした時代劇には神前式は無く祝言(しゅうげん)という形で結婚式をしますが、日本古来独自の宗教である神道では各家の床の間に神様が鎮座しますから、床の間で祝言を挙げるのが本来の形だったんです。

親に「日本古来のしきたりである神前式にしなさい」と言われて神前式をされる方が居られますが、現在の神前式は明治大正以降ですからちょっと違う気がします。
日本古来と言っても様々で古事記・日本書紀の最初のイザナギ・イザナミまで遡ると柱を立てて右回り左回りの結婚ですし、平安時代だと新郎が新婦の家へ3日間通う通婚になります。

清楚で綺羅びやかなウェディングドレスで行うキリスト教式、お世話になった方・お世話になる方に見守られながら行う人前式も良いですが、栄華を極めた江戸中期~の武家装束で神道の神様の前で行う神前式も良いと思います。

6月の花嫁

218.jpg

6月の花嫁 june bride
良い響きですね。なんだか幸せになれそう。

june brideの発祥はヨーロッパ。
juneは6月。 juneという名前の由来はjunoという最高女神の名前。
ローマ神話でjunoは結婚の女神様。

june bride "6月の花嫁"は結婚の女神に守られる花嫁。

しかもヨーロッパで6月は気候も良い。

日本で6月のイメージといえば梅雨。
雨の日に結婚式をしたい人はなかなか居ません。
6月は忙しいでしょう?とよく言われますが、そうでもありません。
婚礼業界が日取りの分散の為にjune brideを輸入して来てもやっぱり6月は結婚式が少ないです。
1,2月と7,8月も1年の中では少ない方です。
やっぱり人気は日本でも気候がいい時期の春と秋。

だけど今年の6月前半、特に6日はラッシュでした。
結婚式の人気日は土曜日で、6月6日は大安も重なり、更にjune bride。
うちのような小さな写真屋でさえ依頼が何件も重なりました。

明日で6月も終わり、今年も半分が終わりですね。
私たちは夏になると秋の繁忙期の為の準備を始めます。

ウェディングドレスは白です

  • 2015/06/29 10:05
  • 投稿者 : kota
  • カテゴリー : 日記

ウェディングドレスは白です。
ウェディングドレスを白にしないのはフォトグラファーの思いやりが無いか技術がないかのどちらかです。

というのは去年来福された時に聞いた世界トップクラスのウェディング・ フォトグラファーの言葉です。

白熱灯光源下でカメラ任せのオートで撮るとこのようにウェディングドレスがオレンジになります。

20150629100756.jpg

色をきちんと設定すると白いウェディングドレスがちゃんと白になります。

20150629100706.jpg

オートで撮れば簡単です。(技術)
オレンジのまま納品すれば楽です。(思いやり)
ウェディングドレスを白にしないのは、フォトグラファーの技術や思いやりが無いんです。

白を白にした上で色を加えて印象的な写真にするウェディングフォトグラファーも居ます。
お客様がそれを望まれるなら、それはそれでありでしょう。

ウェディングドレスや白無垢が白というのはそれ自体に意味があり大事な事だと思います。
fascinoの色管理は忠実再現をしてますのでアルバムだけでなくスナップ写真の1枚に至るまできちんと白を白にしてお渡しします。

女性を輝かせる仕事

  • 2015/06/26 22:50
  • 投稿者 : kota
  • カテゴリー : 日記

216.jpg

まつげエクステ&ネイルサロンの宣材撮影でした。
撮影後に依頼をいただいた方から「同じ女性を輝かせる技術者として勉強になります!」と言われて、自分はそういう仕事をしてるんだと嬉しく思いました。
フォトグラファーは女性を輝かせるというより、輝いてる女性を撮るという感じがします。
新郎新婦様やモデルの輝いた表情を引き出すのはフォトグラファーの技量ではありますが。

cameraman,photographer

213.jpg

2月から続いた前撮りラッシュの締めは久留米にて式場館内+ロケでした。
fascinoは会場と提携してませんので館内前撮りの場合も持込となります。
ロケでの前撮りの場合、結婚式をする会場は関係ありませんから簡単なのですが、会場で撮りたい+フォトグラファーを持ち込みたいとなると交渉術が必要です。

今回は白無垢、色打掛け、ウェディングドレス、カラードレスの衣装4点フルコース。
12時撮影開始で19時半撮影終了、撮影総数約900枚でした。
黒の色打掛けはかっこ良く撮って欲しいというご要望でしたのでオフカメラライティングを使ってみました。
ご納得いただける写真が撮影出来て良かったです。

話は変わりますが、日本では写真撮影をする人のことをカメラマンと呼ぶことが多いです。
英語圏ではフォトグラファーというそうです。

カメラ+マン 写真機+男 写真機男
フォト+グラフ+ァー 光+描く+人 光で描く人

フォトグラファーの方がかっこいい。しかも正しい表現。

カメラマンは映像を撮影する人という事らしいですが、一眼レフカメラがデジタルになり、動画撮影も出来るようになってきたので、フォトグラファーもカメラマンを兼任しつつあります。

カメラマンという呼称が一般的なので結婚式場などではカメラマンと名乗りますが、普段は職業を尋ねられたら写真屋さんと答えてます。

ページ移動

ユーティリティ

カレンダー

2017年09月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

新着コメント

Re:A church
2010/03/25 from HARUNA

新着トラックバック