Now Loading...

Now Loading...

ホーム > ブログ > カテゴリー : 婚礼

エントリー

形に残るウェディングブックレット

新郎新婦様にもゲスト様にも好評をいただいてるウェディングブックレットです。

20150710184238.jpg 20150710184239.jpg

お二人の小さい頃からの写真やご家族の写真、エンゲージメントフォト、前撮り写真等と、プロのライターによるインタビュー、二人のなれそめ等を載せて作成した冊子です。
記憶にだけ残る演出も良いですが、記憶と形に残りお二人のことを知っていただけるウェディングブックレットはfascinoイチオシのウェディングアイテムです。

20150710184240.jpg 20150710184241.jpg 20150710184242.jpg 20150710184243.jpg 20150710184244.jpg 20150710184245.jpg 20150710184246.jpg 20150710184247.jpg 20150710184248.jpg 20150710184249.jpg 20150710184250.jpg 20150710184251.jpg 20150710184252.jpg

去年始まったばかりのサービスなのでありふれた演出と違って新鮮さも抜群です。

結婚式人気日にご注意

225.jpg

今年の下半期で挙式披露宴の一番人気は11月22日です。
良い(11)夫婦(22)の日です。
11月22日が土日になる年はいつも1番人気になります。
人気要素:秋、連休中日、語呂合わせ、友引と四重要素です。
今年の11月22日はどの会場もフル稼働でしょう。

一生に一度の結婚式なんだから良い日取りにしたいと思うのはみんな同じ心理です。

今日の時点でfascinoにも計6件のお問合せがありました。
fascinoで挙式披露宴の当日スナップを撮影するのは私一人ですから、何件依頼があっても撮影出来るのは最初の一件のみです。
後からお申し込みされたお客様は残念ながらお断りしなければなりません。
1日2件の挙式披露宴を撮影した事が過去何度かありますが、1件目が朝イチ結婚式で2件目がナイトウェディングという組み合わせのような場合以外は1日1件が限度です。

ですが、フォトグラファーを何人も抱える写真屋は違います。

ブライダルフォトグラファーは次の2パターンがあります。

社員のフォトグラファー
婚礼写真の会社に社員として勤めて居ます。
委託のフォトグラファー
こちらは様々です。
フリーランスとして1社もしくは数社に登録し下請けで撮影し、それを本業としている場合。
平日は他の仕事をしながら土日だけブライダルの撮影をしてる場合。
元社員で結婚退職して平日は家事育児をしながら土日だけブライダルの撮影をしてる場合。
学生で平日は学校で土日だけブライダルの撮影をしてる場合。
などなど色んな人がいます。

個人のフォトグラファー
下請けをせずに個人受けのみの依頼で撮影をするフォトグラファー。
委託より社員の方が上手いという事はありませんが、社員の方が最低水準は満たしてます。
全国展開している某写真屋の採用基準は、未経験でもデジタル一眼レフカメラを持っていたら可です。
また、都心部の某結婚式場が時給1,000円でブライダルフォトグラファーのバイトを募集してる事は私たちの間では有名な話です。

婚礼の写真屋は大きく分けて次の3パターンがあります。
パターン1:社員と委託のフォトグラファー
パターン2:社員のフォトグラファーのみ
パターン3:委託のフォトグラファーのみ

会場に提携で入ってるような大手の写真屋はだいたいパターン1です。
パターン2は少数です。
形態が個人事務所のような場合はパターン3が多いです。

パターン1の場合、繁忙期に合わせて社員を雇うと閑散期に人件費が売上を超過してしまいますから、閑散期に合わせて雇い繁忙期は委託のフォトグラファーに頼ります。

人気日はこの沢山いるフォトグラファーがそれぞれのお客様の撮影を担当するわけですが、技術レベルはピンからキリまであります。
上手なフォトグラファーはまず指名のお客様を担当します。
上手でも指名が入らなかったフォトグラファーは、気難しそう・失態をしたらクレームになりそうというようなお客様を担当します。
下手なフォトグラファーは、下手な写真を納品しても気にしなさそう、多少失態があってもクレームにならなそうなお客様を担当します。

ひどい話ですが、これが現実です。
采配する側はこうしないと成り立ちません。

繁忙期・人気日に一切要望を出さずただお任せで良いフォトグラファーが担当になる確率は限りなく低いのが現状です。

納得のいく会場で良い日取りを予約出来ただけで苦労されたでしょうが、後悔しない結婚式披露宴にする為には相応の準備が必要です。
写真にこだわる方はぜひ自分たちに合ったフォトグラファーを探してください。
会場の提携写真屋に頼む場合は指名が必要です。
指名料だけでも5万円~10万円ぐらいする場合もあり予算に合わないようでしたら、“写真に期待してる事”をプランナーに強く訴えてください。
それだけでもやらないよりずっとマシです。
“もしこのお客様に下手な写真を納品したらクレームになるかもしれない”と思わせたら勝ちです。
閑散期でも人気の会場であればこれは充分に有効です。
会場提携のフォトグラファーが気に入らなければ外部業者の持込も可能です。
持ち込み禁止を謳ってる会場でも100%絶対持ち込みできない会場はありません。
会場・プランナーさんとのやり取り次第です。

写真にこだわるお客様は後悔しないように是非頑張ってください。

前撮りで決めなければならい事

224.jpg

フィルムの頃の前撮りといえば写真館で型にはまったポーズ写真を何枚か撮るだけだったのですが、10年ほど前からカメラがデジタルにかわり室内ロケや屋外ロケが増えました。

前撮りをするにあたって決める(選択する)ことが幾つかあります。

予算
まずはこれが一番でしょう。
衣装・着付け・メイク・撮影・アルバム全て合わせて安い所で数万円、高い所で数十万円と幅が広いです。
衣装点数
和装:白無垢、色打掛け 洋装:ウェディングドレス、カクテルドレスの4種類が主ですが他には引き振袖、振り袖、民族衣装などがあります。
また、挙式当日に着る衣装で前撮りをするか、それ以外かも選択します。
最近では挙式当日はドレスしか着ないから前撮りで和装を着るという選択をされる方が多いです。
夏の日が長い季節は良いのですが、冬に衣装4点で屋外ロケとなると福岡では17時台に日が暮れますから撮影時間がかなり短くなります。
日取り
結婚式場の場合、土日は結婚式があってますから前撮りで館内撮影は殆ど無理でしょう。
ロケの場合も、可能であれば平日がお奨めです。
土日は何所のロケ地も人が多く撮影しにくいです。
結婚式の前に行う前撮り、後に行う後撮りがあります。
前撮りを選ばれる方が殆どですが、結婚式が終わって落ち着いて行える後撮りも良いかもしれません。
前撮りであれば写真を披露宴の映像に使ったり受付に飾ったり出来ます。
前撮りの1番人気は桜の季節で2番人気は紅葉の季節です。
写真屋
会場提携の写真屋に頼むか、外部の業者に頼むか選択出来ます。
挙式披露宴をする会場で写真を撮りたい場合は会場提携の写真屋に頼まなければならない場合が殆どですが、会場・プランナーによっては持込カメラマンでもOKな場合があります。
外部業者で前撮りをする場合は総額が幾らになるのか注意してください。
「前撮り29,800円の広告につられて行ったら結局10数万円払った」という話をよく聞きます。
衣装・ヘアメイク・撮影のみの価格を掲示してデータは別料金という広告がよくあります。
広告通りの価格を支払っても撮影をするのみで写真がもらえません。
虚偽の広告を出してるわけでは無いのですが、写真屋選びの際は総額を確認しないと予想外に大きな出費がかさんでしまいます。
ロケ地
和装であれば日本庭園や神社など、洋装であれば海や森など。
ネットで探せば沢山のロケ地で撮った写真が見つかりますのでイメージを膨らませてください。

一緒に写ってくださいと言われるのはとても嬉しい

223.jpg

一緒に写ってくださいと言われるのはとても嬉しい事なのですが、写真に写るのは苦手です(・_・;)

アルバムのページ数

222.jpg

結婚式アルバムを作ってもどうせそんなに見ないから・・・
ビデオも1回ぐらいしか見ないから・・・

殆どの方がそんな風に思ってるんじゃないでしょうか。

結婚式のアルバムのページ数はだいたい20~30ページ。
多くて40ページぐらいです。
私が所属してた会社で一番出てたのは18ページ40カットのアルバムです。
次に多かったのが24ページ60カット。

7年ぐらい前に作った18ページ40カットアルバムのデータも保存してるので久しぶりに確認してみましたら、"進行の内容が全然わからない""よくこんなアルバムを納品してたな"と感じました。
その頃も懸命に写真の選定をしてましたが、18ページ40カットじゃ限界があります。
これでは"どうせみないアルバム"になっても仕方ありません。
18ページ40カットのアルバムが一番出てた理由は"安いから""基本のプランだから""よくわからないからコレで良い"という事でしょう。

今は何も制限されず、自分が良いと思うページ数をお奨め出来ます。
ファシーノのアルバムご注文で多いのは80~100ページです。
カット数では250~300前後。
100ページでも足りないと思うことがありますが、提携の製本会社が100ページまでしか準備してないので仕方ありません。
色々な製本会社から営業がかかるので、一応現物を確認してみるのですが印刷・製本・ページ数等を考慮して今提携してる製本会社より良いと思う製本をしてる会社が今のところ見つかりません。
先月、提携製本会社の開発担当とお会いしてもっとページ数を増やせるようにして欲しいと要望しましたら、現時点でも特注で140ページぐらいまでなら可能という事でした。
ですので、もしご希望があれば今後100ページより多いアルバムも製作できます。

100ページ300カットのアルバムがどんなものか想像できますか?
お客様にページ数しかご説明しないので、「カット数は?」と2度ほど聞かれたことがあります。
その時は「レイアウトする時にカット数を数えてないのでわかりません」とお応えしました。
カット数やページ数その物が特に重要だとは思ってません。
出来上がった後にフォルダを確認して、○○○カット使ったんだなということがわかります。
結婚式や披露宴の内容が違えば撮る写真も違いますから、レイアウトする写真の大きさも変わってきてカット数も変わります。

直近の例だと
60ページ 176カット 前撮り和装1洋装2、結婚式披露宴
100ページ 304カット ハワイ挙式、エンゲージメントフォト、前撮り和装1点洋装2点、二次会
100ページ 273カット 前撮り和装1点洋装1点、エンゲージメントフォト、結婚式披露宴、二次会、ハネムーン
40ページ 136カット 結婚式披露宴
100ページ 257カット エンゲージメントフォト2回、前撮り和装1点、洋装2点、結婚式披露宴
40ページ 142カット 結婚式披露宴
90ページ 249カット 前撮り洋装2点、結婚式披露宴
30ページ 135カット 披露宴
70ページ 198カット 前撮り和装1点洋装2点、結婚式披露宴
フォルダを確認しながら記載しましたがこのようになってました。

ページ数が倍になればカット数が倍になるというものでもありません。
良い写真を大きく使いたい場合はページ数を増やします。

ファシーノへご依頼いただくお客様は写真に期待されてる方ばかりです。
このウェブサイトを見つけてご依頼くださる方は、業界最安値ではありませんからサービス内容と写真を気に入ってお問合せいただく方のみで、ご紹介の場合も同じです。
そういうお客様ばかりですから、ご期待に応えることがやりがいでとても楽しく撮影しております。
"どうせ見ないアルバム"で良い方は一組も居られませんので、自然とページ数も増えます。

"何度も見たい""沢山の人に見せたい""何十年後も家族で一緒に見たい"アルバム
を目指して作ってますが、具体的には次のような事を考えて居ます。

自分たちが綺麗・かっこ良く写ってるアルバム

あえて書く必要は無いと思いましたがやっぱりこれは一番じゃないでしょうか。
女性はナルシストじゃなくても勿論自分が綺麗に写った写真は大好きですね。
何ヶ月も前から結婚式に向けて時間とお金をかけて整えた肌や体型が少しでも綺麗に写ってたら嬉しいはずです。
新郎様も照明を組んで陰影を作った芸能人のプロフィールような写真を撮影すると喜んでいただけます。

ゲストも沢山写ってるアルバム

結婚式披露宴に参列されるゲストの方はみんな新郎新婦お二人が今までお世話になった方、これからお世話になる方など大切な方ばかりです。
完成したアルバムを見せる可能性が高いのは参列者でしょう。
一緒に見る時に新郎新婦様しか写ってないアルバムより、ゲストも写ってた方が楽しいはずです。

祝福の空気が写ってるアルバム

空気は写らない? いいえ写ります。
見えませんが感じるんです。
実際のアルバムを見ていただければわかります。
これが感じられない方はファシーノの写真は合わないかもしれません。

自分たちが納得した写真のみが使われたアルバム

私とお客様の好みが完全に一致することはほぼ無いと思います。
撮影した写真で仮レイアウトを起こし、お客様へ送って確認していただいて変更希望箇所を伺い、何度でも再編集をした後に製本へ発注致します。
"会場に頼んだアルバムが届いたら使ってほしくなかった写真が入ってたから封印した"という悲しい話を聞いたことがありますが、ファシーノでは上記の配慮からそのようなアルバムが届くことはありません。

撮影者がレイアウトしたアルバム

撮影はフォトグラファー、レイアウトはデザイナーというのも良い面もあります。
生きてる時間の多くをそれぞれに割けるという事は技術が上がりますから、専門のデザイナーがレイアウトしたアルバムは見栄えがします。
提携店のデザイナーのアルバムを見る機会が頻繁にありますが、とても素晴らしいです。
私はPHOTOSHOP歴が15年以上ですから、時間をかければデザイナーのようなデザインが出来ない事もありませんが、良い写真に飾りは要らないと考えてます。
写真が良くなければ周りを飾らなければ見栄えの良いアルバムに出来ませんが写真が良ければ飾りは逆に写真を霞ませます。
誰でも一度ぐらいは写真集を見たことがあると思いますが、写真を大きく使って余計なデザインはありませんね。
ファシーノアルバムは写真集と通常のアルバムの融合を目指してます。
表題と内容が離れてしまいましたが、"撮影者=現場の空気を一緒に感じた者"がアルバムのレイアウトをする事は大事だと考えます。
"写真としてはこちらの方が良いけど、現場の空気的にはこっちの写真を使った方が後々見た時に感動を思い出す"という選定が出来るからです。

色の忠実再現

新郎新婦様は衣装の色、小物の色、装花の色、会場の色など様々な"色"にこだわって挙式披露宴を準備してきた事と思います。
その色を忠実に再現し、何十年後かにアルバムを開いた時も「この色を選んだね」と思い出せるアルバムに仕上げてます。

色々あるので書ききれませんが、このような事を考えながらアルバムを制作してますと、挙式披露宴だけで40~60ページ、前撮りやエンゲージメントフォト等を含めますと80~100ページになります。

ページ移動

ユーティリティ

カレンダー

2017年11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

新着コメント

Re:A church
2010/03/25 from HARUNA

新着トラックバック